安産の秘訣は? 妊娠中の腰痛対策は? 産後の骨盤ケアはどうするの? 野口整体をベースとしたマタニティ整体(妊婦整体)と産後整体(骨盤調整)專門 自然なお産・自分らしいお産のための整体・放射能に負けない強い子を産むための整体・産後整体〜お産美人・骨盤美人になりたい妊婦さんと、出歩くのが大変な産後ママに優しい、口コミで人気の出張整体です。
→ご予約は こちらから!
ご予約はこちらからどうぞ!

お問い合わせは お気軽に!
(HPを見たとお電話下さい)

電話:080-3515-1751

*大変ご予約が取りにくい状況が続いております。ご希望の日時のご予約が取れないことがあります。ご了承下さい。キャンセル待ちになるなど、予約が取りづらくご迷惑をおかけしております。


産後太りも心配ご無用! お産美人になりたいあなたへ
●産前から産後まで妊産婦さんを安心サポート!

気持ちのいいお産、楽しいお産、しあわせなお産のために
●クチコミで広まる、マタニティ整体の価値

妊娠中から体を整えることが、産後の元気と綺麗の秘訣です。
●妊婦さんの腰痛の原因
とその対策、セルフケア


骨盤美人になるための本当の産後ケア方法を、あなただけに教えます
●骨盤矯正は必要ない!? 本当の産後ケアの秘密

♪初めての方へ 

♪料金のご案内

♪みなさまのご感想

♪自己紹介

♪よくある質問

♪整体を受ける時期

♪マイ・ミッション

♪インタビュー企画

♪トップページ

活法とは?
骨盤とは?
野口整体の妊娠・出産の考え方
胎響(たいきょう)とは?
妊娠中のセルフケア
野口晴哉先生のエピソード
安産になるための骨盤ケア
骨盤体操(産褥体操)のやり方
骨盤矯正の弊害
赤ちゃんの打撲
逆子
切迫早産
安産のコツ
妊娠中のスイーツ
産後うつ
ヒプノバーシングと響気整体の共通点

★主な出張地域

武蔵小杉、豊洲、勝どき、二子玉川、元住吉、綱島、大倉山、築地、代々木上原、恵比寿、白金高輪、白金台、六本木、武蔵小山、五反田、新富町、月島、銀座、田町、泉岳寺、麻布十番、高輪台、広尾、三田、三軒茶屋、渋谷、新宿、池袋、永福町、大森、清澄白河、代官山、大崎、東新宿、荻窪、目黒、自由が丘、品川、中目黒、溜池山王、水天宮前、池尻大橋、下北沢、用賀、川崎、横浜など




★助産師のための
バース整体研究会





★サラママヨガ 
竹村絵実さんのHP

 
整体法創始者 
野口晴哉先生のエピソード



現在では「野口整体」という呼び名で一般的にも知られる、整体法の創始者、野口晴哉(のぐちはるちか)先生のエピソードをご紹介します。


●”治す”ことは本当にいいことか?
●”治す”ことは本当にいいことか? 2
●「何もしないことが一番高級なことなんだよ」
●全生
●回想の野口晴哉

 
■治すことは本当にいいことか?

その昔、野口先生は薬を用いない治療家の世界では、名人として知られていました。ほとんど奇跡としか思えないような出来事もたくさんあったそうです。

名実ともに日本一の治療家となったとき、野口先生でも天狗の鼻が高くなっていたそうです。すなわち、

「もはや私の技術をもって治せないものは、この世には存在しない」

と。ところが、その天狗の鼻が、ポキっとへし折られる出来事がありました。

あるリューマチのおばあさんが、娘さんに背負われて野口先生の治療を受けるために道場に来たそうです。

整体では体の状態をみていく際に、主に背骨の状態を触って観察します。背骨ひとつひとつの硬さや大きさ、動きの有無などを指先で感じながら、全体を読んでいくのです。野口先生はピアニストのように10本の指を背骨に這わせて、数秒で椎骨の状態を観察し、今の症状はもちろん、過去の病気もすべて言い当てられたそうです。

さて、野口先生がそのリューマチのおばあさんを「治療」しようかとうつ伏せになってもらい、背骨の観察に取り掛かろうと思ったその時…、突然、おばあさんの体が震え始めた。そして、信じられないぐらい振動し始め、やがて、そのうちぽんぽんと勝手に跳び上がるようになってきた…。

野口先生は、おばあさんが飛び跳ねて激しく動くので手をつけられないでいました。そしてやがて、おばあさんは、へびのようにグジャグジャと動き始めました・・・。

野口先生は、おばあさんの動きにあっけに取られて、何もしない(何も出来ない)。そのままおばあさんのヘビのような運動は、30分ほど続きました。

おばあさんの動きがパタッと自然に止まった時に、おばあさんは自分でパッと起き上がって正座して、「ありがとうございました。おかげですっかり良くなりました」と言って、自分の足ですたすたと帰っていったそうです。来るときは、娘さんに背負われて、自分では歩けなかったのですが、元気にすたすたと自分の力で帰っていった。

そして、野口先生は、おばあさんのその後ろ姿を見ながらつぶやきました。

「でも、僕は何もしていない」

治療技術を懸命に磨いて、名実ともに日本一の治療家となった野口先生。もちろん、野口先生も自分のその類稀な、ほとんど神がかった技術によって、人が健康に元気になるのだと思い込んでいました。

しかし、本当はそうではなかった。本当はこのおばあさんのように、体の中に自ら健康を生み出し、自分の病気を自分で治療するような自然の働きが、誰の中にも存在しているのではないか。それが生命の自然の働きであり、そういう力をみんなが持っているのだと。野口先生はそのことに盲目であったことに気づいたのです。

これをきっかけに野口先生は、それまで蓄積してきた治療法を捨て、また治療家を集めて組織していた団体も解散させ、新たに整体法を体系化していくことになったのです。

「治す」のは他人ではない。自分のからだの中にそもそも「治る力」がある。人の内側にある、元気になりたいという勢いを導き出し、それを育てていくことが整体の考え方の基本としてあるのです。


■治すことは本当にいいことか? 2

野口先生は、子どもの寝小便(おねしょ)を治すことを得意としていたそうです。確実に治すことが出来た。

昭和10年代の終り、ある子の寝小便を野口先生が治した。そうしたら、その数カ月後に、今度は盗癖が出てきたといって野口先生のところに母親が相談に来たそうです。

先生が寝小便を治した後から、子どもに盗癖が出るようになった。それまではなかった。と、こう言うのです。もちろん、寝小便と盗癖には、直接的な因果関係があるとは到底思えません。でも、野口先生は研究者肌で根が真面目なので、今まで治してきた何千例もの寝小便の子どもたちに、その後、盗癖が出ていないかを追跡調査しました。

そして調査をした結果、寝小便を治した子どもに盗癖の発生が非常に多いことがわかったのです。

それ以来、野口先生はある症状や病気を治すことで生じる、別の作用、別の事態を研究するようになった。薬の副作用の研究のように。そうすると色々なことがわかってきたのです。

たとえば、赤ちゃんの皮膚病を治すと喘息が発生するとか、痔の治療をすると、高血圧症が生まれるとか…。とにかく、こういうことがたくさんある。

つまり、ある病気や症状を治した結果、新たな災いを引き起こしかねない、ということです。そうなると、「治療」ということは、とても難しい問題を孕んでいることになります。

痛みや症状に苦しんでいる人から治してくれと言われて、それを簡単に治すことが本当にいいことなのか? それは人間の行いとして、ほんとうに正しいことなのか…。

また、野口先生がその超人的な治療技術で人々を治してしまうと、安易にそれに頼る人を生み出しかねない。いざとなったら先生に診てもらえばいいや、というふうに。でも、外側からの力で治した(治してもらった)結果、体が強く元気になるのではなくて、逆に依存心が強くなり、かえって気持ちを弱くしてしまう…。

これでは人が本当に健康になったとは言えない。やがて野口先生は自分のやっていることは間違っているのではないかと考えるようになったのです。こうして野口先生はこれまでの治療法を捨てて、新たに整体法を体系化しました。

内側からその人のからだの調和を守ろうとする働きを高める、ということがその後の整体のベースになったわけです。

だから整体とは、そもそも治療法ではありません。治すのは他人ではなくて、本当は自分なのです。そのことに気づいた時に、「人に治してもらう」のではなくて、本当の意味で「治る」のです。

自分の力で治ることで、人はより強く、元気になっていくのですね。


■何もしないことが一番高級なことなんだよ

その昔、野口先生のご子息である次男の裕之先生がまだ小さかった頃。あるとき、裕之少年は父である野口先生にこんな趣旨のことを言ったそうです。

「道場に整体を受けに来る人にはあんなに親切に愉気(手当て)をするのに、どうして家族である僕にはしてくれないのか?」と。

たしかに、子供であればそういうふうに思っても不思議ではありません。他の人には一生懸命に手を当てて整体するのに、家族にはしないのですから。裕之少年が不満に思うのも当然のことです。

その時、野口先生はその質問に答えてこんなことを言ったそうです。

何もしないことが一番高級なことなんだよ

この話を聞いて、私はなんだか感動したものです。

親は子供のことを思うばかり、あれもこれもとやりたくなるものです。もちろん赤ちゃんは親の保護を必要とします。でも命に対して過剰な保護は禁物です。

弱いものを守ろう、庇おう、助けようという親の気持ちや愛は、もちろん尊いものですが、それが行き過ぎるとかえって子供を弱くしてしまう(これは子育てだけではなくて、同じことが介護などにも言えると思う)…。

場合によっては、それは親の自己満足で、子供にとってはたんなる押しつけと感じられたり、余計なお世話になってしまう…。でも子供には子供の個性や感受性があるし、それは赤ちゃんだって同じです(子供は親の思い通りにならないし、ならなくても当たり前です)。

整体は治療法ではなく、人間がもともと持っている自然の働きを高めるためのものですが、健康ならばあえて整体などをしなくても本当はいいのです。何もしなくとも、元気で体が十全に働くのであれば、それが一番いいのです。

家族だからこそ、あえて何もしないんだという野口先生の言葉に、逆に私は深い愛と人間としての奥深さを感じたわけなのですね。

弱いものを守り、庇うことで、ますます弱くしてしまうのではなくて、強くする方向に導いていくことが大事なのだと思います。そのためには、あえて「何もしない」という選択肢もありなのです。あえて何もしないということは、意外と勇気のいることだし、命に対する信頼がないとできないことなのです。

「何もしないことが一番高級なことなんだよ」というのは、そういう意味なのですね。


■回想の野口晴哉

回想の野口晴哉 ちくま文庫(の-7-3)/野口 昭子

野口晴哉先生の奥様でいらっしゃる、野口昭子さんの本です。野口先生が亡くなられてから書かれたエッセイです。他にも昭子さんの本は何冊かあるのですけど、一般の書店で手に入るのは、文庫化されたこれだけです。

世の中には美しい文章を書く人はいます。

なかでも、私にとって「美文」といえば、まずこの本です。なぜこの本の文章が美しいかというと、その底辺に野口先生への徹底的な「愛」があるからです。

整体の師であり、それと同時に身近なパートナーでもあった野口先生が亡くなられてからもなお、深く愛し、尊敬し続けた眼差しは、優しく、柔らかく、そしてどこか哀しげです。

文体は抑制されていて、過剰なところはない。ですが、とても想像的な文章だから不思議です。文章から親密な時間が映像的に浮かんできます。

野口先生の本は、いきなり読むととっつきにくいかもしれないので、この本は整体の入門書としてもおすすめできます。

野口先生の若かりし頃のエピソードもとても面白いのだけど、とにかく何よりも野口先生の「命に対する礼」とでもいうべき思想は、今の時代だからこそますます大事なのだと思います。

一般に「整体」というと、骨をボキボキしたり、あるいはマッサージのようなものを整体と思っている人が多いと思いますが、しかしそれはまったく違います。

また、そもそも、整体は「治療」ではありません。

施術者が相手を「治す」のではなくて、その人が「治る」力を高めるのが整体です。あるいは体の感覚を高め、からだを育てていく=体育こそが整体です。

整体を受けて「治りますか?」と尋ねる人がたまにいますが、あえて突き放すような言い方をすれば、「治るか治らないかは自分が決める」ことなのです。



■全生(ぜんせい)

以下は上記の『回想の野口晴哉』からの引用です。野口晴哉先生の死後、野口先生のご子息である、身体教育研究所の野口裕之先生が講義でおっしゃった言葉です。



よく父が言っていたことですが、”現代人は理想を失った”と。理想にはいろいろな理想があるが、どんな理想を失ったかと言いますと、どういう死に方が理想かということを、現代人は全く忘れたということです。

私は自分の中に、どういう死に方が理想かということを持っているんです。

”生ききった者にだけ安らかな死がある”という父のものの考え方を”全生”というふうに呼んでおりますが、私たちは、いつ死んでもいいように、自分が全力を発揮して、一瞬一瞬、生きていけばいいんです。

私は少なくとも自分の、こわれること、死ぬことに怯えながら、少しでも長生きしようなんて考える、そういう不健康な考え方は嫌いですから、いつ死んでもいいように、自分の出来ることを今、精一杯やろうと、心に決めている。とりわけ、父の死に方を見た時に、”こういう死に方がいいな”と思った。ですから、その瞬間に心が決まった。

そういうのはバカバカしいと思う人は、おやめになったらいいんです。でも私は、この方が、ものの考え方として、健康だと思うんです。健康とは、何の為のものかということを考えれば、そういうものでしかあり得ないんだと、私たちは知るべきだと思う。



整体というと、なんとなく柔らかい癒しのイメージがありますが、一方で生命に対するその眼差しは、とても厳しいです。大げさに言うと、反社会的で過激な側面すらあります。健康法としては、かなりアバンギャルドな側面もあります。

野口昭子さんと野口裕之先生、そしてソニーの創業者である井深大さんの貴重な対談が、以下のPDFで読めます。

気・気配・愛情

自然なお産や、野口整体的な妊娠・出産・子育てに興味がある方、助産師さん、あるいはそれらとリンクするようなお仕事をされている方は、もしかしたら面白く読めるかもしれません。




●野口整体の妊娠・出産の考え方



ひびきユーザーに聞く!安産のコツ
♪妊婦整体を受けた方のクチコミ・ご感想は、こちらから♪

  ♪「妊娠中でも大丈夫だと知って、定期的にカラダを整えていきたいと思いました」

秀島えみさん・Kくん(第一子)


助産院で出産された方が、ご自身のブログで響気整体さんのことを書いていて、それでHPを見て知りました。そのブログに「整体でカラダを整えてもらって、すごくお産が楽だった」と書いてあったのです。それで私も最初のお産で不安もあったので、妊娠中からちゃんと整えてもらおうと思いました。

♪続きはこちらから!

  ♪「産後は骨盤が収縮して、左右差が整うのが早かったです」

鈴木美香さん(仮名)・Rくん(第一子)


自宅まで出張で来ていただいて、妊娠中から産後まで継続的なケアをしてもらえるのは安心感がありますし、産後はとくに赤ちゃんがいると外出すること自体が難しくなるので、家まで出張に来ていただけるのは助かりました。あと、妊娠中とは違う、産後のからだの知識を教えていただいたのもすごく良かったです。

♪続きはこちらから!

  ♪「ウェストがくびれて、お腹が引込むのも体重の落ち方も、一人目のときよりぜんぜん早いですね」

中村久美子さん・侑惺くん(第二子)
 
最初は半信半疑というか、妊娠中に整体を受けても大丈夫なのかなという思いもありましたし、自宅に来ていただくことにも不安な気持ちが少しありました。でも体験談や整体を受けた方の写真がたくさん掲載されていたので、ここなら大丈夫だと思い施術をお願いしました。

♪続きはこちらから!  

  ♪「分娩台に上がってからも冷静に呼吸が出来て、二回目のいきみで生まれました。」

伊藤真由子さん(仮名)Hくん(第二子)
 
妊娠中から吉村先生にからだをみていただいていたから、大丈夫だという自信がありました。こころとからだのコンディションを整えてきたという安心感がありましたね。安心してお産に望めたかなと思います。それでやっぱり一人目よりも今回のほうが楽でしたね。

♪続きはこちらから! 

  ♪「安産に向けた選択肢として、妊婦整体というアプローチもあるのだと思いました」

佐藤祐子さん(仮名)・Nちゃん(第二子)
 
ヨガをやっていたので、なんとなく自分のカラダの位置が曲がっているかどうかが、わかるようになっていたのですけど、響気整体さんの整体を受けた後は、きちんとカラダが元にあるべき位置というか、中心に戻していただいたという感覚があったのですね。

♪続きはこちらから!

  ♪「安産だった二人目に引き続き、三人目もお願いしました」

鵜名山真由美さん・日真里ちゃん(第三子)

出産は私と赤ちゃんが頑張ることですけど、上の子二人の子育てで体もどうなっているかわからないし、お腹の赤ちゃんの環境を一番いい状態にしたかったので、安産だった二人目に引き続き、三人目も妊娠中から整体をお願いしました。


♪続きはこちらから!

  ♪「たくさんの妊婦さんを専門でみているから、安心できると思いました」

田中さん(仮名)・Aくん(第一子)

もともとボキボキ・バキバキしないということは伺っていたのですが、最初に施術を受けて思ったのは、先生の手は温かいなということですね。その時、特にストレスがあったわけではないのですが、施術のあとは体が温かくなって、とてもリラックスしました。


♪続きはこちらから!



●どんなことでもお気軽にご相談ください。
メールでのご相談は24時間いつでもOK 。ご相談は無料です!



お電話でのお問い合わせ、ご予約はこちらから
080-3515-1751


(8時から22時)



お名前とご希望の日時、ご住所をお伝え下さい(施術中や電車での移動中はお電話がつながらない場合があります)。その場合は留守電にメッセージを残して頂ければ、折り返しお電話します)。

大変ご予約が取りにくい状況が続いております。

ご希望の日時のご予約が取れないことがあります。また、当日のご予約は受け付けておりません。

ご了承ください。

インターネットからのご予約は24時間OK!

こちらから!↓

響気整体ご予約はこちらから!

響気整体ご予約

check!


上記フォームからのご予約で返信がない場合は、お手数ですがお電話でご連絡ください。

迷惑メール対策でPCからのメールを受信拒否に設定されている方は、響気整体からの返信メールが届かないことがあります。
響気整体のドメイン「hibikiseitai.net」の受信許可設定をお願いします。


もしご予約フォームからうまく送れない場合は、お電話でご連絡いただくか、info[at]hibikiseitai[dot]netにお名前、ご住所、最寄り駅、連絡先電話番号、ご希望日時、お体の状況を明記の上、ご送信ください(「at」をアットマークに「dot」をドットにしてください)

響気整体からの24時間以内の返事がない場合は、お手数ですが、お電話でご連絡ください。

080-3515-1751




営業日・時間

営業・受付時間 : 8:00〜22:00
定休日 : 不定休(土日祝も営業)



check!

施術にあたってご用意いただくもの


・3畳ほど(大人が大の字で寝られるくらい)のスペースが必要です(整体操法はベッドなどは使用せずに、床面で行います)

・仰向けになった際、お体に負担がないような状態(敷布団や敷きマットなど)をご用意ください

・体を締め付けない、動きやすい楽な服装

・顔の下に敷くハンカチかタオルをご用意ください


check!

諸注意


・施術の際は、コンタクトレンズ・メガネ・装飾品などは外していただきます。

・施術効果を半減させてしまいますので、施術後の食べ過ぎ、運動、入浴(軽いシャワー程度なら可)お控えください。

・施術後は出来るだけゆったりと過ごされることをお勧めします。



check!


マタニティ整体・産後整体専門 / 東京都内・出張整体
 響気整体の主な出張エリア


東京都内全域 (ただし島しょは除く)に出張します。


東京都23区内全ては、出張交通費無料です。

それ以外の地域は、往復交通費が別途かかります。


●主な出張エリア

足立区、荒川区、板橋区、江戸川区、大田区、葛飾区、北区、江東区、品川区、渋谷区、新宿区、杉並区、墨田区、世田谷区、台東区、中央区、千代田区、豊島区、中野区、練馬区、文京区、港区、目黒区の他、武蔵野市、三鷹市、国分寺市、国立市、町田市、稲城市、狛江市、小金井市、小平市、立川市、府中市、調布市などの東京都下・多摩地区、横浜市、川崎市


トップページへ



check!


*出張できる範囲は、基本的に最寄り駅から徒歩圏内です。


徒歩で歩くのが難しい場合は、タクシーを利用します。
その場合、往復のタクシー代金をいただきます。


●どんなことでもお気軽にご相談ください。
メールでのご相談は24時間いつでもOK 。ご相談は無料です!



お電話でのお問い合わせ、ご予約はこちらから!
 

080-3515-1751


響気整体ご予約




マタニティ整体(妊婦整体)産後整体 専門  
響気整体 トップページ
ご予約・お問い合わせ : 電話 080-3515-1751/ 営業時間 : 8:00〜22:00 / 定休日 : 不定休 
(インターネットからのご予約・お問い合わせは年中無休・24時間受け付けております)
響気整体ご予約、またはご相談ください。
プライバシー・ポリシー / サイトマップ / リンク