安産の秘訣は? 妊娠中の腰痛対策は? 産後の骨盤ケアはどうするの? 野口整体をベースとしたマタニティ整体(妊婦整体)と産後整体(骨盤調整)專門 自然なお産・自分らしいお産のための整体・放射能に負けない強い子を産むための整体・産後整体〜お産美人・骨盤美人になりたい妊婦さんと、出歩くのが大変な産後ママに優しい、口コミで人気の出張整体です。


●代表 吉村光弘

→ご予約は こちらから!
ご予約はこちらからどうぞ!

お問い合わせは お気軽に!
(HPを見たとお電話下さい)

電話:080-3515-1751

*大変ご予約が取りにくい状況が続いております。ご希望の日時のご予約が取れないことがあります。ご了承下さい。キャンセル待ちになるなど、予約が取りづらくご迷惑をおかけしております。


産後太りも心配ご無用! お産美人になりたいあなたへ
●産前から産後まで妊産婦さんを安心サポート!

気持ちのいいお産、楽しいお産、しあわせなお産のために
●クチコミで広まる、マタニティ整体の価値

妊娠中から体を整えることが、産後の元気と綺麗の秘訣です。
●妊婦さんの腰痛の原因
とその対策、セルフケア


骨盤美人になるための本当の産後ケア方法を、あなただけに教えます
●骨盤矯正は必要ない!? 本当の産後ケアの秘密

♪初めての方へ 

♪料金のご案内

♪みなさまのご感想
♪自己紹介

♪よくある質問

♪ブログ
♪主な出張地域

♪整体を受ける時期
♪マイ・ミッション

♪リンク

♪ひびき図書館

♪インタビュー企画

♪トップページ

♪整体こらむ

響気整体のマタニティ整体と産後整体のコンセプト骨盤矯正の弊害赤ちゃんの打撲逆子切迫早産安産のコツ妊娠中のスイーツ地震のあとでベビー整体産後うつ



サラママヨガ 
竹村絵実さんのHP

  妊娠中にスイーツやお菓子・甘いものが食べたくなったら


妊婦だから甘いモノはだめなの?


●妊娠中だけど甘いものが食べたい!

●白砂糖の弊害
 

●妊娠中や授乳中も安心の かんたん手作りおやつレシピ♪


1.♪きなこのくずプリン

2.♪あんこのおやき

3.♪素朴なスコーン

4.♪ピーナツバターマフィン

5.♪みたらしだんご

6.♪黒ゴマさつまいもだんご NEW!




妊娠中期(4ヶ月〜6ヶ月)は、とりわけお腹がすくようです。

ですが、この時期は栄養の吸収の能率が悪いのです。妊婦さんは体の感覚が敏感なので、その時のカラダが一番必要なものを食べようとします。

たとえば、カルシウムを積極的に摂取したりといったことを無意識でしています。酸っぱいものを食べたくなるのも、カルシウムの吸収を良くしようとしている母体の本能の働きです。

ところが、カルシウムを逆に取り入れすぎると、今度は甘いものが欲しくなります。甘いものには、カルシウムを捨てる働きがあるからです。

でも、妊娠中に甘いものを食べてもいいのでしょうか?

そんな疑問にお答えします!


 

■妊娠中だけど甘いものが食べたい!


よくこんなご相談をいただきます。


Q:妊娠6ヶ月なのですけど、甘いものが食べたくて、ついつい食べてしまいます…。


A:そうですか。

甘いものって、ついつい食べたくなっちゃいますよね! ついつい食べたくなっちゃうようなときは、無理に我慢したりしないで、美味しくいただいちゃいましょうよ。

整体では、基本的に妊娠中の食事について、アレはダメ、これはいい、ということを(あまり)とやかく言いません。

それよりは、自分の体の声に積極的に耳を傾けて、いま自分の体が本当に欲しいものを食べるほうがいいのです。それが仮にジャンク・フードであったとしても、です(もちろん、適・度というものはありますよ)。

栄養がどうとか、あまり頭でっかちに考えるのではなくて、自分の体がいま本当に必要なものを、体によ〜く聴いてみるのです。つまり、お腹の赤ちゃんに、「いま何が食べたい?」って聞いてみるのです。

そうしたらお腹の赤ちゃんは、いま本当に食べたいもの、本当に欲しいものを教えてくれますよ。それが赤ちゃんの栄養になるんです。

食事って、楽しくて、気持ちがよくて、快くて、嬉しい行為ですよね。我慢したり、無理したりしたら、あまり楽しくないし、気持ちよくないし、快くないです。

そういう体の気持ちよさや、快い感覚をじっくりと味わうことが大切なのです。だから、甘いものを食べるときでも、深く、じっくり味わいながら、そして感謝しながら食べるといいと思います。

これは体に本当は悪いんだけどな〜、なんて思いながら食べるのではなくて、ありがたく、感謝して、美味しく食べるのです。


■白砂糖の弊害


とはいえ、白砂糖は本当はやっぱり、妊婦さんにとっては一番食べて欲しくないものでもあるのは事実なのです。

市販のお菓子類やケーキ類や各種スイーツなどには、白砂糖が入っています。白砂糖って精製し過ぎで、純度が高すぎて、ある意味、不自然なんです。ちょっとばかし体には負担なのです。

白砂糖が入ったものを多量に摂取することで、お産時の痛みに対して過度に敏感になる場合もあります。

また、体が冷えやすくなるし、切迫傾向にある方は、よりゆるみやすくなる場合もあるようです。さらに、お産時に破水から始まることも甘いものの影響があります。

また、白砂糖の取りすぎは、妊婦さんではなくても肝臓に負担がかかります。妊娠中に糖分をとるのであれば、白砂糖は出来るだけ使わない。

白砂糖のかわりに、らかんかの顆粒(らかんかこうぼう)がオススメです。羅漢果の甘みは体内に吸収されないので、ノンカロリーですし、鉄分やミネラル、ビタミンなども豊富です。もちろんお料理にも使えるし、お湯で溶かしてお茶として飲んでも、とても美味しいです。

余談ですが、お酒を飲まない人でも、肝臓に負担がかかっている方、結構多いのです。そういう方は、実は甘いものの食べ過ぎだったりします。

だから、どうせ甘いものを食べるのであれば、本当に美味しくて、出来るだけナチュラルで、出来れば白砂糖を使用していないものをお勧めします。甘いものを無理に我慢したり、品質の悪いものを食べるのではなくて、本当にいいものを気持ちよく、美味しく、楽しく食べましょう♪

その方が体も心も嬉しいし、赤ちゃんだって嬉しいですよ。そういうママの「気持ち」って、赤ちゃんに必ず伝わるんですね。



♪妊娠中や授乳中も安心の かんたん手作りおやつレシピ♪

らかんかを使ったお菓子を作ってみました(妻に作ってもらいました♪)

甘さはお好みで調整してみてくださいね♪





♪きなこのくずプリン 完成写真♪
独特の もっちり感です!





♪あんこのおやき 完成写真♪
焼きたてが 美味しい! パンみたいです♪





♪素朴なスコーン 完成写真♪

甘さが控えめで サクサクと 上品な食感♪





♪ピーナツバターマフィン 完成写真♪

しっとりしていて、 かむほどに らかんかの 程よい甘さ♪





♪みたらしだんご 完成写真♪
ふんわり やわらか♪ 羅漢果きなこで 食べてもうまし!





♪黒ゴマさつまいもだんご 完成写真♪

黒ゴマも きなこも 鉄分が豊富!


妊婦さんには、こちらの記事もおすすめですよ♪

●安産のコツ、やさしいお産・自然なお産のポイントとは?




マタニティ整体(妊婦整体)産後整体 専門  
響気整体 トップページ
ご予約・お問い合わせ : 電話 080-3515-1751/ 営業時間 : 8:00〜22:00 / 定休日 : 不定休 
(インターネットからのご予約・お問い合わせは年中無休・24時間受け付けております)
響気整体ご予約、またはご相談ください。
プライバシー・ポリシー / サイトマップ / リンク

QLOOKアクセス解析