●代表 吉村光弘

→ご予約は こちらから!


お問い合わせは お気軽に!
(HPを見たとお電話下さい)

電話:080-3515-1751

*大変ご予約が取りにくい状況が続いております。ご希望の日時のご予約が取れないことがあります。ご了承下さい。キャンセル待ちになるなど、予約が取りづらくご迷惑をおかけしております。


産後太りも心配ご無用! お産美人になりたいあなたへ
●産前から産後まで妊産婦さんを安心サポート!

気持ちのいいお産、楽しいお産、しあわせなお産のために
●クチコミで広まる、マタニティ整体の価値

妊娠中から体を整えることが、産後の元気と綺麗の秘訣です。
●妊婦さんの腰痛の原因
とその対策、セルフケア


骨盤美人になるための本当の産後ケア方法を、あなただけに教えます
●骨盤矯正は必要ない!? 本当の産後ケアの秘密

♪初めての方へ 

♪料金のご案内

♪みなさまのご感想

♪自己紹介

♪よくある質問

♪整体を受ける時期

♪マイ・ミッション

♪インタビュー企画

♪トップページ

活法とは?
骨盤とは?
野口整体の妊娠・出産の考え方
胎響(たいきょう)とは?
妊娠中のセルフケア
野口晴哉先生のエピソード
安産になるための骨盤ケア
骨盤体操(産褥体操)のやり方
骨盤矯正の弊害
赤ちゃんの打撲
逆子
切迫早産
安産のコツ
妊娠中のスイーツ
産後うつ
ヒプノバーシングと響気整体の共通点

★主な出張地域

武蔵小杉、豊洲、勝どき、二子玉川、元住吉、綱島、大倉山、築地、代々木上原、恵比寿、白金高輪、白金台、六本木、武蔵小山、五反田、新富町、月島、銀座、田町、泉岳寺、麻布十番、高輪台、広尾、三田、三軒茶屋、渋谷、新宿、池袋、永福町、大森、清澄白河、代官山、大崎、東新宿、荻窪、目黒、自由が丘、品川、中目黒、溜池山王、水天宮前、池尻大橋、下北沢、用賀、川崎、横浜など




★助産師のための
バース整体研究会





★サラママヨガ 
竹村絵実さんのHP



【必読】
新規ご予約希望の方へ 代表からのメッセージ



  つわり(悪阻)でつらい妊婦さんでも整体を受けることが可能です


●つわり(悪阻)の原因は?
●つわり(悪阻)になりやすいカラダとは? 
●つわり(悪阻)と上胸部の関係性
●つわり(悪阻)と肝臓の関係性
●つわり(悪阻)と骨盤の関係性
●つわり(悪阻)はカラダの大掃除
●つわり(悪阻)で肝臓を整える
●スローモーション体操 

 

■つわり(悪阻)の原因は?

妊娠がわかってから(あるいは妊娠がわかる前から)最初に感じるからだの変化がつわり。

気持ち悪い、胃がむかむかする、匂いが気になる、頭痛、眠い、だるい、唾液が出るなど、人によって様々な症状が現れます。

妊婦さんのつわりが重症化すると、水も飲めなくなり、脱水症状を起こします。場合によっては、入院が必要になるケースもあります。これを妊娠悪阻(にんしんおそ)といいます。

一方で、妊娠してからもつわりの症状がまったくない方もいらっしゃいます。その違いは、どのような点にあるのでしょうか?

一般に、初産の方のほうが、症状が重いことが多いようですが、もちろんそうでない妊婦さんもいます。二人目、三人目の出産でもつわりが重かったり、症状の出方も異なる場合もあります。

つわりの原因は、医学的にも解明されているわけではありません。お医者さんでもはっきりとした原因はわからない、というのが現状のようです。もちろん、いくつかの考えられる要因はありますが、原因を一つに特定することは出来ません。

ここでは、長年の妊婦整体専門の臨床経験から導かれた(整体的な見地からみた)つわり観を述べたいと思います。


■つわり(悪阻)になりやすいカラダとは?

たくさんの妊婦さんの整体を専門で行っていますが、吐き気がキツく、ほとんど食べることが出来ないような、つわりの症状がとりわけ重い方には、いくつかの身体的な特徴があることに気づきました。

以下にその主な特徴をあげてみます。


・痩せていて、胸郭が薄い

・呼吸が浅い

・猫背

・内臓が下垂している(胃下垂)

・骨盤が閉じる傾向にある(ゆるみにくい)

・目の負担が大きい

・甘いものが好き

・よく食べるが、太りにくい

・妊娠前はお酒を飲んでいた

など・・・


つわり(悪阻)と上胸部の関係性

例えば、長時間のデスクワークやPC作業などで目や神経を酷使し、疲れが溜まると、ついつい姿勢も悪くなってしまいます。

日常的に無理な前屈姿勢をとっていれば、心肺(胸椎3・4番と関係)に負担がかかり、呼吸も浅くなりがちです。このような方は、汗(胸椎5番と関係)をかきにくかったり、冷えやすかったりなど、体温調節がうまく出来ません。いわゆる夏バテを起こしやすい身体でもあります。痩せていて胸板も薄く、か細い印象を受けます。

また胃は胸椎6番と関係していますが、もともと食べ過ぎの傾向がある方は、この骨が硬直しています。

このように姿勢が悪くなり、上胸部が硬直していると、肋骨も硬直し下垂してきます。内臓を収める器が狭ければ、スペースをさらに下に求めるようになりますから、胃腸も子宮も下垂します。

妊娠前に食べ過ぎなどで胃を悪くしたり、仕事のストレスや妊娠したことへの不安が強い方は、つわりになりやすいようです。


■つわり(悪阻)と肝臓の関係性

つわりは、からだを解毒するために起こると整体ではみます。つわりと肝臓(胸椎9番と関係)は大きく関係します。

肝臓は「解毒」を行う臓器です。有害物質を分解し、体外に排泄を促すのが肝臓の大きな役割の一つです。

食べても太りにくい体質の方は、それをいいことに食べ過ぎの傾向にあったり、甘いものが好きだったりします。甘いものが好きな方は、当然ながら肝臓に負担がかかっています。

甘いものだけではなくて、アルコールをたくさん飲んでいた方なども、肝臓に負担がかかっています。

アルコールは肝臓で分解され、アセトアルデヒドという毒性の高い物質に変わります。これは、吐き気や頭痛の原因になると言われていますが、つわりにも関与している可能性もあるかもしれません。

また、薬や食品添加物や食物に付着していた農薬なども、からだには毒です。

食物や薬などは、胃や腸で吸収されて、肝臓に運ばれます。そして肝臓で化学反応を起こし、水に溶けやすいように解毒された物質は、やがて腎臓に送り出されることになります。そして腎臓でろ過、貯蔵されて、今度は尿として排泄されます。

しかし、腎臓が弱っていて負担がある方だと、うまく排泄出来ずに毒素が肝臓に溜まってきてしまいます。

毒素を解毒し、体外に排泄出来なければ、滞った毒素はやがて血液中に溶け出して、その悪い血液がそのまま赤ちゃんにも流れてしまいます。

赤ちゃんにとってこのような事態は、自分が育つための住環境が汚染されているようなものです。

だからつわりは、これ以上毒となるような物質を体内に取り入れないための、赤ちゃんが育ちやすくするためのカラダの自然な働きなのかもしれません。


■つわり(悪阻)と骨盤の関係性

吐くことで骨盤の一番大きな骨である「腸骨」の可動性がよくなり、骨盤が開きやすくなります。肝臓と腸骨という骨も関係しています。

とりわけつわりがキツイ妊婦さんは、この腸骨の可動性が悪くなっていることがあります。逆に骨盤の可動性がいい方は、つわりはほとんどありません。

肺に力がない方は、お尻も小さく垂れています。

お尻は呼吸器の状況を反映しています。世の中では小尻がもてはやされますが、呼吸器が弱い方はどちらかというと女性的な丸みがありません。骨盤全体が硬直し、可動性が悪く、萎縮しているため、生理が重かったり、イライラしやすかったりすることもあります。

また、骨盤が開きにくい(閉じやすい)傾向がある方ほど、甘いものやお酒が好きだったりもします。

このように、身体の各部分は互いに連動し、関連しているのです。そしてまた、こころとカラダも連動しているのです。

上記のような身体的な特徴や生活習慣がある方が、みんなつわりが重いわけではありません。例外もあるでしょう。しかし、上記の複数に当てはまる方は、つわりもキツイ可能性があります。

つわりの原因は、妊娠したことによるホルモンバランスの変動だけではありません。妊娠前の食生活や生活習慣、姿勢、骨盤の可動性などが、つわりに影響を与えていると響気整体では考えています。

その意味でつわりという現象は、カラダを整えてほしい、これまでの食生活や生活習慣を見直してほしいという、赤ちゃんからママに向けてのメッセージなのかもしれません。



■つわり(悪阻)はカラダの大掃除

つわりは、カラダの中に溜まった毒素を赤ちゃんのほうにいかないように、カラダが老廃物の排泄をしている、カラダの掃除をしていると、整体ではみます。

今までその人の悪いところに溜まっていた毒素が、つわりという現象になって、体外に排泄されます。あるいは体内に余計な物を取り入れないようにする働きが、つわりです。その結果、吐き気や、胸がむかつく、匂いが気になる、などといった症状になってあらわれるのです。

つわりは重度になると、本当に大変です。でも、つわり自体は、決して悪いことではありません。

つわりは、妊婦さんにとってはつらくて苦しくて大変なことですけど、お腹の赤ちゃんにとっては必要なことであり、自然の働きなのです。つわりでお母さんの体内環境が掃除されて、リフレッシュされて、クリーンになるわけです。そうすることでようやく赤ちゃんが育ちやすい環境となるのです。

だから(その方にとっては)必要があってつわりという現象が起きているわけです。精神的なストレスも、妊娠中のカラダには毒素でしかありません。

母体にとって必要がないものは、体外に排泄したほうがいいのです。だからつわりが大変な方は、心配しすぎないで、出来るだけ周囲に協力してもらって、ゆったりと生活することが大事だと思います。


■つわりで肝臓を整える

つわりで食べ物があまり食べられない妊婦さん。食べ物は、パートナーに合わせる必要はありません。逆にパートナーが妊娠中の女性に合わせるべきです。

妊娠中は、自分の好きなものを好きな時に好きなだけ食べること、つまり、赤ちゃんが食べたいもの、本能が欲しているものを食べることが一番いいのですね。

妊娠中は、女性はとても過敏になります。カラダの本能の働きや感覚が高まっています。カラダにとっていらないもの、不自然なものは、体内に取り入れたくなくなります。

食べ物だけではなくて、香水とかシャンプーも洗剤も、本当はカラダには不自然なものがたくさん入っています。お風呂なども、匂いがダメという方がいます。スーパーの生鮮食品売り場や、お米の炊ける匂いが苦手な方もいます。

このように匂いに敏感になるのは、肝臓がさかんに働いている現れでもあります。当然ながら、タバコの匂いも苦手の方が多いです。

だから、つわりがキツイ妊婦さんは、大変だと思うのです。お仕事をされていれば通勤なども移動が大変です。お辛いとは思いますが、でも、つわりは決して悪いことじゃないんだ、今のあなたと赤ちゃんには、どうしても必要なことなんだと思ってあげてください。

「つわり」は「悪阻」と書きます。「悪を阻む(はばむ)」ということは、逆に悪いものを阻止しているのです。
つわりを通じて、からだを整えているわけです。つわりを通じて、肝臓の疲れを調整しているのです。

もちろん、いまは大変だと思いますが、つわりを通じて、自分のカラダの声、赤ちゃんの声に耳を傾けるようにしてみてくださいね。少しづつでも必ず良くなっていきますから、どうか安心してくださいね。

また、この時期に栄養が足りなくても、赤ちゃんは元気に育つので大丈夫です。もし水分すら取れないようでしたら、すぐにお医者さんにご相談ください。


スローモーション体操

響気整体では、妊娠初期のつわりの整体も行っています。

つわりでお困りの方は、一度お気軽にご相談ください


また骨盤の広がりをスムーズにする、つわり対策として効果的な「スローモーション体操」もお伝えしております。この体操は、整体法の創始者である野口晴哉先生が考案したものです。

1. 足を腰幅に開いて立ちます。

2. 両足先を外側にいっぱいに開きます(上半身は力を抜く)。

3. そのまま40秒かけて、ゆっくりと腰を落としてしゃがんでいきます(このときに出来るだけ上体を直立に保つ)。

4. 40秒かけて、ゆっくりと元に戻ります。

5.今度は足先を内側に向けて、同じように40秒かけてしゃがみ、40秒かけて元に戻ります。

6.足先の向きはそのままの内股の状態で、スキーのジャンプのように体を前傾させます(20秒キープ)

7. 肘を曲げて上体をゆっくりと元に戻します。


骨盤の動きがスムーズになることで、妊娠初期のつわりの予防になります。

ただし、あまりやり過ぎると、かえってイライラしたりすることもあるので注意が必要です(一日一回行う、一週間以上続けてやらないこと)。


ゆっくりと行うことがポイントですが、キツイ方は、最初は秒数を減らしてください。

やり方がよくわからない方には、施術時に詳しくお伝えします。
●産前から産後まで妊産婦さんを安心サポート!



●その他の妊娠中のセルフケアについては、こちらから!


ひびきユーザーに聞く!安産のコツ

妊娠中の骨盤ケアで、安産だった方のインタビューはこちらから!




  ♪「妊娠中でも大丈夫だと知って、定期的にカラダを整えていきたいと思いました」

秀島えみさん・Kくん(第一子)


助産院で出産された方が、ご自身のブログで響気整体さんのことを書いていて、それでHPを見て知りました。そのブログに「整体でカラダを整えてもらって、すごくお産が楽だった」と書いてあったのです。それで私も最初のお産で不安もあったので、妊娠中からちゃんと整えてもらおうと思いました。

♪続きはこちらから!

  ♪「産後は骨盤が収縮して、左右差が整うのが早かったです」

鈴木美香さん(仮名)・Rくん(第一子)


自宅まで出張で来ていただいて、妊娠中から産後まで継続的なケアをしてもらえるのは安心感がありますし、産後はとくに赤ちゃんがいると外出すること自体が難しくなるので、家まで出張に来ていただけるのは助かりました。あと、妊娠中とは違う、産後のからだの知識を教えていただいたのもすごく良かったです。

♪続きはこちらから!
 

  ♪「ウェストがくびれて、お腹が引込むのも体重の落ち方も、一人目のときよりぜんぜん早いですね」

中村久美子さん・侑惺くん(第二子)
 
最初は半信半疑というか、妊娠中に整体を受けても大丈夫なのかなという思いもありましたし、自宅に来ていただくことにも不安な気持ちが少しありました。でも体験談や整体を受けた方の写真がたくさん掲載されていたので、ここなら大丈夫だと思い施術をお願いしました。

♪続きはこちらから!  

  ♪「分娩台に上がってからも冷静に呼吸が出来て、二回目のいきみで生まれました。」

伊藤真由子さん(仮名)Hくん(第二子)
 
妊娠中から吉村先生にからだをみていただいていたから、大丈夫だという自信がありました。こころとからだのコンディションを整えてきたという安心感がありましたね。安心してお産に望めたかなと思います。それでやっぱり一人目よりも今回のほうが楽でしたね。

♪続きはこちらから! 

  ♪「安産に向けた選択肢として、妊婦整体というアプローチもあるのだと思いました」

佐藤祐子さん(仮名)・Nちゃん(第二子)
 
ヨガをやっていたので、なんとなく自分のカラダの位置が曲がっているかどうかが、わかるようになっていたのですけど、響気整体さんの整体を受けた後は、きちんとカラダが元にあるべき位置というか、中心に戻していただいたという感覚があったのですね。

♪続きはこちらから!

  ♪「安産だった二人目に引き続き、三人目もお願いしました」

鵜名山真由美さん・日真里ちゃん(第三子)

出産は私と赤ちゃんが頑張ることですけど、上の子二人の子育てで体もどうなっているかわからないし、お腹の赤ちゃんの環境を一番いい状態にしたかったので、安産だった二人目に引き続き、三人目も妊娠中から整体をお願いしました。


♪続きはこちらから!

  ♪「たくさんの妊婦さんを専門でみているから、安心できると思いました」

田中さん(仮名)・Aくん(第一子)

もともとボキボキ・バキバキしないということは伺っていたのですが、最初に施術を受けて思ったのは、先生の手は温かいなということですね。その時、特にストレスがあったわけではないのですが、施術のあとは体が温かくなって、とてもリラックスしました。


♪続きはこちらから!



●どんなことでもお気軽にご相談ください。
メールでのご相談は24時間いつでもOK 。ご相談は無料です!



お電話でのお問い合わせ、ご予約はこちらから!
 

080-3515-1751


メールでのご予約はこちらから!


響気整体ご予約




マタニティ整体(妊婦整体)産後整体 専門  
響気整体 トップページ
ご予約・お問い合わせ : 電話 080-3515-1751/ 営業時間 : 8:00〜22:00 / 定休日 : 不定休 
(インターネットからのご予約・お問い合わせは年中無休・24時間受け付けております)
響気整体ご予約、またはご相談ください。
プライバシー・ポリシー / サイトマップ / リンク